見出し(hタグ)をよりユーザフレンドリーにする5チップス

UX Boothより、見出しをよりユーザフレンドリーにする5チップスの翻訳です。

tips0901291.png

1.見出しは、意味正確でなければなりません。

<h1>から<h6>までスキップしないでください。番号が付けられているのは理由があります。

<h1>は、最も重要な見出しです。その後に続く見出しは、前のものより重要でありません。

誤解を与える文になっていますが、他の<h2>移行のタグが重要ではないという意味ではありません。この意味は、5番目に書いています。

デザインされたウェブサイト上では、視覚的にこれらの標題を識別する方法はないかもしれません、しかし検索エンジン、フィードリーダー、スクリーンリーダーや身体障害のあるユーザーは同じ方法で読むことはありません。

2.首尾一貫でなければなりません。

見出しは多くの異なったスタイルを持っています、そしてすぐに見出しとして識別されます。

重要なことは、同じページ(または、さらに言えば、サイト)の見出しがお互いと抜本的に異なるように見えるということです。

見出しは、ユーザが内容を通してすぐにスキャンするのを助けとなることを覚えておいてください。

見出しは、再度続く前に休止し、読むために読者に知らせる写実的な手掛りのように使用される方法である。


新しいスタイルの導入はむしろ巨大な一時停止標識のように作用するかもしれません。それは、リーダにそれらが何かを見逃したかどうか確かめるために前の資料を止めさせ再走査させるかもしれません。

3.コンテンツの近くに見出しを置いてください。

見出しの位置決めは非常に重要です。読者は、その情報と関係のある隣接の中で、標題を関連させるでしょう。

新聞のようないくつかの出版物は、境界と他のグラフィカルな要素で別々の情報を分割するのと同じくらい遠くに続くでしょう。

標題と内容の間の大きな余白はそれをより重要な要素として定義するかもしれないという例外が確かにありますが、
一般に、内容より近くに見出しに続いている内容にそれに先行させておくことは、ビューアが情報を構文解析することをより容易にします。

4.関係ない内容から、分割してください。

前のポイントで言及されたように、見出しを間違った内容に関連するようにしないでください。

見出しがどんな情報に関連しているかを必ず明確に示してください。

そして、同様の注意では、見出しが確実にお互いからそれぞれユニークになるようにしてください。

ユーザーがページにざっと目を通すとき、それらは普通捜している心のいくつかの事を有します。

同様に言い表された見出しがあれば、ユーザはそれらを区別するのに苦労するかもしれません。

5.キーワードから始めてください。

見出しはすばやくユーザ注意を得る単語で始まるべきです。

その目的は、SEOやその他のナンセンスのためではなく、ユーザーが、より迅速に探しているものを見つけるのを助けるためです。

これは実際にすべての執筆のためのかなり基本原則である。

最も重要な情報は最初におき、読者が読み続けるかどうかを迅速に決定するのを助けます。