レスポンスコード、メッセージヘッダ、メディアタイプ一覧表

HTTPヘッダを見るときにポイントとなる部分がレスポンスコード、メッセージヘッダ、メディアタイプだと思います、これをすぐに分かるような一覧表があれば便利だと思い作成しました。
完全自分用のメモです。

HTTPレスポンスコード
番号 意味
100 継続可能
200 成功
201 作成
202 リクエストを受け入れた
203 ヘッダの情報がオリジナルのものではない
204 まだレスポンスは返していない
205 コンテンツをリセットせよ
300 リクエストされたコンテンツには複数の選択肢がある
301 コンテンツは別の場所に移動した
302 コンテンツは一時的に別の場所に移動した
304 コンテンツは条件つきでリクエストされたが、内容は変更されていない
400 リクエストが正しくない
401 認証が必要なコンテンツだが未認証である
403 許可されていない
404 ファイルが存在しない
405 リクエストに用いたメソッドは、そのリソースには使えない
406 Acceptヘッダのメディアタイプに対応できない
407 プロキシに認証する必要がある
408 サーバ側でタイムアウトが生じた
409 競合が生じてリクエストを処理できない
410 利用不能なリソースである
411 Content-Lengthを指定する必要がある
412 条件つきのリクエストに対し、falseの条件があった
413 リクエストが大きすぎる
414 リクエストのURIが長すぎる
415 メディアタイプが受け入れられない
500 サーバ内部でエラーが生じた
501 サポートされていない(存在しない)メソッドを用いた
502 ネットワーク内で処理できない
503 リクエストが処理できない
504 (プロキシとして)タイムアウトが生じた
505 サポートしないHTTPバージョンが使われた
メッセージヘッダ
ヘッダ 意味
Accept: クライアントが受け入れられるメディアタイプ
Accept-Charset: クライアントが受け入れられる文字セット
Accept-Encoding: クライアントが受け入れられる文字エンコード
Accept-Language: クライアントが受け入れられる言語
Authentication-Info: 認証と併用する、レスポンスとリクエストに関する情報
Content-Type: メッセージのメディアタイプ
Date: メッセージが作成された日付
Host: クライアントは要求するサーバのホスト名
Location: リダイレクト先のURI
Range: クライアントがコンテンツの一部をリクエストする
Referer: 参照元のURI
Server: サーバのソフトウェア(名称とバージョン)
Transfer-Encoding: 転送のためのエンコーディング
User-Agent: ブラウザのソフトウェア
メディアタイプ
拡張子 メディアタイプ 解説
avi video/x-msvideo AVI形式の動画ファイル
bin application/octet-stream バイナリファイル
bmp image/bmp BMP形式の画像ファイル
css text/css CSSファイル
exe application/octet-stream バイナリファイル
gif image/gif GIF形式の画像ファイル
gz application/x-gzip 圧縮ファイル
htm/html text/html HTML形式のファイル
jpeg/jpg image/jpeg JPEG形式の画像ファイル
mid/midi audio/midi MIDIファイル
mov video/quicktime QuichTime形式の動画ファイル
mp3 audio/mpeg MPEG形式の動画ファイル
mpeg/mpg video/mpeg MPEG形式の動画ファイル
pdf application/pdf PDFファイル
png image/png PNG形式の画像ファイル
rdf application/rdf+xml RDF形式のファイル
txt text/plain テキストファイル
wav audio/x-wav WAV形式の音声ファイル
xhtml application/xhtml+xml XHTML形式のファイル
xml application/xml XML形式のファイル
zip application/zip ZIP形式の圧縮ファイル

参考

基礎からのPHP [基礎からシリーズ] (SE必修!プログラマの種シリーズ)基礎からのPHP [基礎からシリーズ] (SE必修!プログラマの種シリーズ)