[レポ]WDE-Express in 大阪 『海外と日本のユーザビリティ』

大分遅くなりましたが、3月20日、アップルストア心斎橋で行われたWeb Directions East09 -express-『海外と日本のユーザビリティ』に参加してきました。

そのレポートです。

Web Directions Eastのオーガナイザーでもある菊池 崇氏がDaniel Bruka氏が披露したユーザービリティのスライドを踏まえての公演でした。

感想は、ユーザビリティについて、再度考えなければならないと気づかせてくれたイベントでした。

下記が、菊池氏が話されていたことのメモ書きです。

情報は多くしない
ユーザーの行動すべては、予想できない
斬新なデザインって言うな
再構築するな

デザインはすべて修正に余地がある
情報は整理し、シンプルに
デザインにも理論を

機能は、加えた分だけ取り除く
複雑な入れ子はしない

ユーザーテストにまねく
ユーザーテストにラボはいらない

ユーザーテスト
人数:5人
時間:30分
いつ:公開前、公開後

問題の発生率
5人→85%

ペルソナのタ-ゲットに近い人
案件に関わっていない人
最初は仲間内でもOK

被験者の手が止まった箇所
被験者がクリックした箇所
被験者が戻った箇所
被験者に発話してもらう

被験者にプレッシャーを与えない
被験者の前に座らない
被験者の意見は聞かない
開発チームを同席させる
報酬を用意する

その中で、前回10月26日にINSIDE WebDirectionsEastの大阪無料イベント:ユーザーテスト、CSSエディタの使い方のセミナーでも紹介のあった『Silverback』の紹介と使い方です。

Silverback』はMac専用のソフトで、現在日本語版は無く、開発中とのことで、まもなくリリースされるとのことですが、個人的には、windows版もリリースしてほしいです。

Silverback』は、ユーザーテストを行うソフトなのですが、そのパソコンでのユーザーの操作の記録を動画で撮るというものです。

ユーザーが何をクリックしたとかなどの操作を動画で確認することができます。

なんにせよこの『Silverback』は、ぜひ導入したいソフトです。

むしろ有名な製作会社は必ず導入すべきソフトです。

僕は、windowsしか持ってないのですが、このためにMacを買おうかどうかを悩んでいます。