HTML5に振り回されていると感じる今日この頃-出来損ないのWebクリエイターのつぶやき

ここ最近、HTML5の勉強に励んでいるのですが、そこで感じることがあります。それは、このエントリーのタイトルでもあるように、HTML5に振り回されているように感じるということです。

「結局なんだったんだ?」と思っている人も多数居ると思います。

いろんな方が思われていることだと思うのですが、XHTMLに移行すると言っておきながら、結局HTMLに戻るという形になった今回の決定事項なのですが、HTMLに戻るということで、さらにHTML5のタグの一覧を見て思うのが、恐らく、HTML5には、これまでHTML4.01やXHTML1.0であったような推奨や非推奨とされるタグの分類は無いと思うのですが、下記が振り回されていると感じたことです。

  • HTML4.01やXHTML1.0で非推奨とされており、XHTML1.1では廃止となったはずの要素がリストに載っているということ
  • HTMLの標準タグではなかったタグがHTML5で正式に標準タグになっているということ
  • どのブラウザでもずっとサポートされてきたタグが廃止

非推奨とされていたタグは、ほんの一部なので大きな戸惑いはないものの、結局利便性が高かったということなのでしょうか?これはiframe要素のことを言っています。

HTML5で正式に標準タグというのはembed要素のことなのですが、ネスケの独自タグとして、HTMLの正式タグにはHTML4.01やXHTML1.0にはならなかったのですが、多くのブラウザでサポートされており、いまだ広く利用されているからでしょうか?どこかW3Cが折れたようにも見えます。

どのブラウザでもずっとサポートされてきたタグが廃止というのは、acronym要素です(正確に言うとXHTML2.0の策定のときにも廃止と言われていたのですが)。acronym要素は、SOHOやLANといったいくつもの単語の頭文字をとった略語で1つの単語として発音する単語をマークアップするときに仕様するタグなのですが、これと似た要素でabbr要素があります。

abbr要素は、同じく略語を表すものですが、HTMLのように単語のスペルをそのまま読む単語のときに使用します。

HTML5では、acronym要素が廃止となり、abbr要素はそのまま標準タグとして残ります。abbr要素はIE8でようやくサポートされたタグで、浸透性でもacronym要素のほうが良いようにも思うのですが、どんな意図があったのかはわかりません。明確な使い分けがされていないという声もあるようですが、私はそうは思えません。たしかにどちらも略語であるのは変わりないので、どちらでも良いといえばどちらでも良いとは思うのですが、思うのは、しつこいですが、長いことIEでサポートされてなかった要素を廃止にするのはどうなのか?ということです。もしかしたらabbr属性との兼ね合いなのかもしれませんが・・・・・

とまぁ、勝手なことをグダグダ書きましたが、まとめるとHTML5には「これは良い」と思う要素と「なんでやねん!」と思う要素があるということです(あくまでも個人的にですが・・・)。