Webサイトのユーザビリティをチェックするためのツール6選

TutorialFeedより、Webサイトのユーザビリティをチェックするためのツールの紹介とその紹介文の和訳です。

Feng-GUI

us0908311.jpg

Feng-GUIは、ビジュアルへの接触への最初の5秒間の人間のビジョンをシミュレートし、人が最も見ているであろうことを予測するアルゴリズムに基づいたヒートマップを作成します。これは、デザイナー、広告主、注意の分析レベルによってイメージのパフォーマンスを予測できる前試験技術者に提供しています。

Five Second Test

us0908312.jpg

ユーザインタフェースの最も際立った要素を特定するのに役立つシンプルなオンラインユーザビリティテストです。
中央のテスト管理スクリーンは、一目で必要とするすべての情報を得ることができるように、レスポンスを構成し、視覚化するのに役立ちます。

Loop11

us0908313.jpg

Loop11はウェブベースのユーザー・エクスペリエンステストです。Loop11は、調査またはウェブの解析ツールではなく、しかし、ユーザー・エクスペリエンステストです。ユーザのふるまいを理解するのに役立ちます。

CrazyEgg

us0908314.jpg

CrazyEggはシンプルです。ユーザがサイトをクリックするホットスポットを示します。この情報は人気があるページと同じではありません。代わりに、これはる実用的な情報と人々がどこでサイトをクリックするかということです。より重要なことに、CrazyEggのアプローチは、ユーザーがクリックすることを望むところと彼らが実はクリックしているところの違いを理解させます。

Clixpy

us0908315.jpg

ClixpyはWebユーザビリティテストツールです。サイトのHTMLにJavaScriptのコードをペーストするだけで使えます。ユーザーがWebサイトをブラウズするときClixpyはユーザーがすることすべてを出力し、必要とされる情報を抽出する機会を与えます。

ClickDensity

us0908316.jpg

ClickDensityは、ヒートマップを超えるユーザビリティツールキットです。ボタンタッチで改善を解析しテストすることができます。訪問者の傾向の分析のたの解析の補足となります。

お詫び

非常に和訳しにくかった英文でしたので、ところどころ意訳したり変な箇所もありますがご了承ください。