ジャパンアクセシビリティ公開シンポジウム2010@神戸大学で開催されます。

アクセシビリティに関する課題をより深く探求して理解し、サステイナビリティとアクセシビリティ・ユニバーサルデザイン・インクルーシブデザインの関係を議論することを目的とするシンポジウムであるジャパンアクセシビリティ公開シンポジウム2010が開催されます。

ジャパンアクセシビリティ公開シンポジウム2010

開催日は3月16日で、公式サイトでは、木曜日となっていますが火曜日の間違いだそうです。関係者に問い合わせしましたが、未だに修正がありません。

参加は無料ですが、3月10日までに一応メールで事前申込をしてるほうが良いみたいです。

会場は、神戸大学の瀧川記念館となっていますが、細かいですが、正式名称は、瀧川記念学術交流会館です。


大きな地図で見る

関連トピックとして、下記があります。

  1. 協調技術とアクセシビリティ
    • . どうすれば同時に多様なユーザに対応するのか。
  2. モバイルデバイス
    • アウェアネス
    • アクセシビリティのための拡張現実(AR)
    • 位置情報サービス(LBS)
    • ジャストインタイム(JIT)採用の活用例
  3. サステイナブルテクノロジーとアクセシビリティ
    • . オープンソース、規格及びインターオペラビリティの役割
  4. 高齢化社会と技術
    • . 人間中心のアプローチの必要な支援技術(AT)
    • アクセシビリティへのホリスティックアプローチ
  5. 支援技術の再考
    • . 支援技術とグラフィカルインターフェイス
  6. アダプタビリティ
    • 代替リソース(DAISY、手話など)
  7. トロントオープンソースとアクセシビリティ会議からの知見
  8. 日本の規格(アクセシビリティ)
    • . 日本の法律
  9. 認知/精神科の課題
    • どうすればストレス状況(災害など)下で一致情報を発信できるのか。
  10. eLearningにおける学習者の多様なニーズ

アクセシビリティ関連に興味のある方はぜひ参加してください。僕も参加予定です。