[書評]クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった

「クラウド・コンピューティング」という言葉を本当によく目にしたり、耳にしたりすることが多くなってきた今日ですが、いまいち、クラウド・コンピューティングの定義が曖昧だったりします。クラウド・コンピューティングを調べるために、クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まったを読みました。

この書籍について、ひとこと申せば、非常に分かりやすいです。

例えば、クラウド・コンピューティングの説明でまず下記のように記述している。

クラウドコンピューティングとは、拡張性に優れ、抽象化された巨大なITリソースを、インターネットを通じてサービスとして提供(利用)するというコンピュータの形態

引用元:城田真琴 「クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった」

「拡張性に優れ、抽象化された巨大なITリソース」というのが意味がなかなか取れなかったりしますが、その後に、「簡単にいえば」とはじまって、下記のように分かりやすく説明をいれてくれている。

インターネット上に雲のように浮かぶ巨大なコンピュータ群を必要に応じて利用できるコンピュータの形態がクラウドコンピューティングとなる。

引用元:城田真琴 「クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった」

このように、何かの意味の説明において、専門用語を多数用いての難しい言葉で説明してから、分かりやすく簡単な言葉で説明してくれる。恐らく、説明というのは、そのほうが分かりやすいからであると思うが、曖昧なことが多少はクリアになりました。

あとは、クラウド・コンピューティングとグリッド・コンピューティングとどのような違いなのかや、クラウド・コンピューティングの仮想化などの技術的なことや、Google、AmazonやSalesforce.comなどネットサービスを中心に行ってきた企業であるクラウド・ネイティブ達の動向やクラウド・イミグラントと位置づけられているMicrosoft、IBMなどのICT業界の巨人達の戦略などが記述されている。また、データや図なども豊富で、クラウド・コンピューティングについての理解が非常に深まる1冊であることは間違いありません