【書評】HTML5+CSS3で作る 魅せるiPhoneサイト iPhone/iPad/iPod touch対応

普段から少しだけ仲良くさせてもらっているinkdesignの谷拓樹さん( @hiloki)の著書HTML5+CSS3で作る 魅せるiPhoneサイト iPhone/iPad/iPod touch対応を読みましたのでレビューを書かせもらいます。

簡単な感想でいくと「丁寧で分かりやすく読みやすい」です。

まず、どういったところで丁寧かというと、僕だけ感じていることかもしれませんが(ちなみに僕はMac初心者です。)、iPhoneシミュレータがどこにあるか分かりにくくないですか?

僕が読んだiPhoneアプリ開発の本ではiPhoneシミュレータがどこにあるのか記述されていないので、iPhoneシミュレータを探すのだけでも一苦労したくらいですが、この本では、iPhoneシミュレータがどこにあるのか、ちゃんとパスが記述されているので、難なくiPhoneシミュレータを見つけることができます。

また、僕のようなMac初心者だとMacに対応したどのようなエディタがあるのかが分かりません。(ググればいいんですけど・・・)

Dreamweaverも紹介されていますが、それ以外のエディタも紹介されているので、Macのエディタを探している人からすると参考になります。いや本当に・・・

個人的に非常に参考になったのは、基本となる2章と3章です。

2章は、iPhoneサイトへの振り分けの方法が記述されています。しかし、この章の良い点は、単に振り分け方法が書いているだけでは無く、なぜ振り分けるのか、振り分ける目的がしっかりと書かれています。

3章では、いくらiPhoneサイトといえども、モバイルサイトです。モバイルサイトの大事な部分である横幅のサイズや画像の横幅や容量など気をつけなければならない点が書かれています。必ず読んでおきたい章です。

また、この本の良い点は、多くのサンプル(GoogleマップやYouTube、twitterの埋め込みやフォームなど)が載っていることもあるのですが、本のタイトルにあるとおり、「HTML5とCSS3で作る」です。HTML5とCSS3のソースコードが持て余すことなく載っています。

HTML5とCSS3のリファレンスにはなりませんが、これからHTML5とCSS3を学ぶ人にとっては参考になります。良いソースコードはどんなリファレンスより勝ります。特に、CSS3に関しては、CSS3関連の書籍がほとんど無いので、現時点でこの本はCSS3を勉強する上で最も良い本といえると思います。

最後に、この本の魅力なのは、読み終えた後に、「iPhone向けサイトを作ろう!」という気にさせてくれるところです。なかなか読み終えた後にそういう気にさせてくれる本はないです。相当オススメです。素晴らしい本を書いてくれてありがとうございます。