【書評】JavaScriptコーディング ベストプラクティス 高速かつ堅牢なコードを効率よく書くために

たまたま本屋に寄ったときに、手に取ったら良さげだったので、JavaScriptコーディング ベストプラクティス 高速かつ堅牢なコードを効率よく書くためにを購入しました。

そしたらto-Rの西畑さんが著者のひとりでした。知らずに申し訳ありませんでした。せっかくなので書評を書かせていただきます。

なぜ良さげと感じたか

そもそもこの書籍が良さげと思ったかというと、JavaScriptを普段から書いていて思うことなのですが、『そろそろ次のステップに進まなければ』と思うのです。

どういうことかというと、『書いて動ければそれで良い』と、これまで思っていたのですが、今後考えていかなければならないことが多々あります。それらの点を挙げると

  • 高速化
  • 開発効率
  • 奇麗なコードを書く

自分のJavaScriptの知識で次のステップに行くことで上記のことを思っていたら、この書籍はドンピシャでした。高速化と開発効率の項目がこの書籍に書かれているのです。

高速化

まず、高速化ですが、パフォーマンスの向上は、命題だと思うのですが、どのようにしたら高速化ができるかなどの手法が書かれています。

これまで普通に書いていたことが、いかにパフォーマンスの低下になっていたかを知ることができます。この点だけでも次のステップに行けるような気を起こさせてくれます。

開発効率

開発効率を上げるという点でいうと、コードのルールを決めるということ。これをすることにより、コードが読みやすくなりメンテナンスの向上にもなるからです。

書籍には、ごく当たり前のことも書かれていたりするのですが、改めて気づかされることも書かれてたりします。非常にタメになります。

他にもクロスブラウザの項目においては、JavaScriptのみだけでなく、jQueryでの本当の意味でのクロスブラウザに対応させる手法が書かれています。ここも非常にタメになります。

最後に

この本に『JavaScript上級者に贈る』と書かれているのですが、内容の通り、中級者や上級者向けの本です。そのため、初心者の方やこれからJavaScriptを学習しようとしている方には、ちょっと向いていないかなぁと思います。

もちろん、読むことには問題ないと思いますが、初心者の方やこれからJavaScriptを学習しようとしている方が最初にやるステップではないと思いますが、デバッグの項目ぐらいは見ていても良いのかなぁと思います。

なんにせよ、いろいろと気づかされることが書かれているので、より良いJavaScriptを書きたいと思っている方に非常にオススメです。