【書評】iPhone & Android スマートフォンサイト制作の教科書


著者の一人であるGoodpatch.Incの谷さんよりiPhone & Android スマートフォンサイト制作の教科書 を献本いただきました。ありがとうございます。早速読んだので書評を書かせていただきます。

本書の特徴

本書の特徴は、本書よりも先に出版されている「iPhone+Android スマートフォンサイト制作入門」や「HTML5+CSS3で作る 魅せるiPhoneサイト iPhone/iPad/iPod touch対応」はそれなりに実装面のテクニカルな内容が満載ですが、本書籍は先ほどの2冊とは少し異なり実装面のテクニカルな部分はあまり書かれてなく、スマホサイトを作成にあたっての大事な知識や準備段階に関する基本的な知識がつまっているところです。

本書の読みどころ

1章や2章は上記に挙げさせてもらった書籍にも書かれているような内容なので、すでに先の書籍を読んだことのある人は、大きな発見はありません。逆に、これから始めようという方は基礎中の基礎が書かれているので読んどくと良いです。次から個人的な読みどころを挙げさせていただきます。

「第3章 スマートフォンサイトの企画、構造設計」01 国内外のスマートフォンサイトギャラリー

スマートフォンサイトギャラリーを集めたサイトも数多くありますが、それらのサイトとは異なり解説も書いているので、作成にあたってのポイントを知る事ができます。その解説により参考になります。

「第3章 スマートフォンサイトの企画、構造設計」04 ユーザビリティやアクセシビリティ

アクセシビリティについてはそこまで書かれていませんが、ユーザビリティにおいて配慮しなければならないことが書かれているので読んどかなければいけないですね。とくに、「ブラウザで表示されるとは限らない」という項目わ。

「第3章 スマートフォンサイトの企画、構造設計」05 スマートフォンサイトのUI設計のポイント

スマートフォンという省スペースでの有効なUIやスマホらしさと呼ばれるUIの設計のことが書かれているので、デザインにおいて参考になるはずです。そのあとの続くワイヤーフレームの作成にも十分に活かせるはずです。

「第5章 HTML5による実装」02のスマートフォン向けのHTML

スマホ向けの本には必ずといっていいほど書かれているHTML5ですが、それよりも大事なのがスマートフォン向けのHTMLである「viewport」です。

結構、viewportはwidth=device-widthで片付けられることが多いのですが、この書籍くらいです。こまかく解説しているのわ。viewportの指定についてより知りたいと思っている人は必読の項目です。

「第7章 JavaScriptを使ったインタラクション」

実装面についてはあまり書かれていない本書ですが、6章と7章は実装面について書かれている章です。7章はjQuery Mobileを用いた実装方法について書かれています。スマホサイトを作るにあたって、候補に挙がると思われるフレームワークのjQuery Mobileですが、この実装方法を知りたいと思う人は多いと思います。そういった人にオススメの章です。

付録 スマートフォン各機種 画面解像度一覧表

この付録は個人的にはドつぼでした。各キャリアのAndroid機種の一覧とスペックとそのバージョンのAndroidがはいっているのかがを知る事ができます。個人的にこういう一覧があったらいいなーと思っていたところだったので、嬉しくて思わず声をあげてしまいました。

感想

「教科書」とタイトルにあるとおり、教科書の名にふさわしい書籍です。オススメです。特に、これからスマホサイトを作成しようと思っている方やある程度作成の知識はあるけど、その知識を固めたいと思っている人に最適の書籍だと思います。
改めて献本いただきありがとございました。