CSS Nite LP, Disk 26「CSS Preprocessor Shootout」に参加してきました。

CSS Nite LP, Disk 26

1月12日に開催されたCSS Nite LP, Disk 26「CSS Preprocessor Shootout」に参加しました。(CSS NiteでCSS PreprocessorであるもののCSSに特化したイベントは珍しかったですね。)

僕は、2011年のおわり頃から業務でSassを使いはじめ、これまで大規模案件や中規模案件でもSassを使ってCSS開発を行ってきました。自分の中でも、Sassを覚えたことは大きくて、今ではSass無しではCSSを書く事ができないくらいにSassを活用しています。 本セミナーで得たいこと、期待していたことは、Sass以外のCSS Preprocessorについてです。

LESSは以前から知っていたので、特に新しい発見はありませんでしたが、 Stylusについては、よく分かっていなかっただけに、このイベントでStylusがどういったものか知ることができたのは非常に良かったです。 今のところSass以外のCSS Preprocessorを使う予定はないですが、Sass以外のCSS Preprocessorを使うでのあれば、Stylusがいいと感じるほどでした。

あとは、ツールについてはほとんど無知でしたので、このイベントについて、いろいろ知ることができたのは大きかったです。 ですが、Macでの開発環境とWindowsでの開発環境で使えるツールに差がありすぎるのと同時に、 紹介のあったツールがMac環境のがほとんどだったので、Windowsで開発をしている制作会社にとったら、ツール紹介のセッションは物足りなさはあります。

セッションの中でも紹介がありましたが、Windowsで使えるツールは以下のようになっています。

イベントを通して思ったことは、「CSSはちゃんと書け」に尽きました。 CSSの弱い部分(コードの再利用性、可読性)を補ってくれるのがCSS Preprocessorだと思いますので、 これまでやってきたことを思い出すとちゃんと書けてないことも多々あったので、設計をしっかりとやって、より精度の高いコードを書こうと思いました。 運営の皆さま、出演されたみなさまありがとうございました。