【書評】やさしくはじめるWebデザイナーのためのjQueryの学校

ありがたいことに、 やさしくはじめるWebデザイナーのためのjQueryの学校 を献本いただきましたので、書評を書かせていただきます。

基本から実践まで学べる

この書籍の構成として基本編と応用編と分かれています。

基本編は、よくjQueryの書籍等などで紹介されているメソッドの解説が書かれています。 よく解説されているだけに、いろんなところで見るようなことばかりですが、この書籍の特徴とも言えるべき「丁寧な解説と見やすさ」のおかげで 非常に分かりやすくシンプルにまとまっています。

サンプルとしてでてくるパーツにおいても、よくサイト制作で必ずといっていいほど作られるものばかりなので、 実際に制作において、困ったときのヒントにもなるのではないかと思います。 そのため基本編から応用編まで、一貫して実践編の詳しい解説本のように感じました。本当に構成が考えられていますね。

感想

非常に分かりやすく丁寧な解説がされています。フルカラーで言葉も丁寧で見やすく読みやすいです。

サンプルコードもシンプルで読みやすいので、jQueryのソースコードを読み慣れていない人でも、学習するにつれて理解が深まっていくのではないでしょうか。 実際に、サンプルコードを参考にプログラムを書いてみれば、より理解は深まると思います。

すでにjQueryをガツガツ使っている人向けではありませんが、これからjQueryを始める人、始められたばかりの人 著者の方のブログのエントリーにある CSSは分かるけど jQuery は苦手 ... という人が jQuery に親しんでくれるといいなーと思って書きました にあるように、苦手意識のある人としては最良の書籍のように思います。