modern.IE(Win8 IE10)をVirtualBoxにいれてみた。

日本語に対応したというmodern.IEですが、MacのVirtualBoxにいれてみました。その手順をメモとして。

ファイルを取得する

まずファイルを取得するために、上部メニューの「仮想環境」をクリックします。

使用するOSを選びます。Mac環境で動かしますので、Macを選択

仮想プラットフォームを選択します。VirtualBoxにいれいますので、VirtualBoxを選択。

ここではファイルを一括で取得するので、「Grab them all with cURL」をクリックします。

一括ダウンロードは、curlコマンドで行います。ダウンロードには、それなりに時間がかかります。「Grab them all with cURL」をクリックすると下記図のような画面になりますので、そのコマンドをそのままコピペして、実行します。

curl -O "http://virtualization.modern.ie/vhd/IEKitV1_Final/VirtualBox/OSX/IE10_Win8/IE10.Win8.For.MacVirtualBox.part{1.sfx,2.rar,3.rar}"

数分待つとWin8 IE10だと以下の3ファイルが取得されます。

解凍と実行

実行権限を与えるために、以下のコマンドをたたたきます。

chmod +x IE10.Win8.For.MacVirtualBox.part1.sfx

続いて解凍します。

./IE10.Win8.For.MacVirtualBox.part1.sfx

しばらくすると以下のようなIE10.Win8.For.MacVirtualBox.ovaができあがりますので、これをダブルクリックでVirtualBoxにインポート。

Win8のIE10で閲覧する

これでIE10で閲覧することができます。

旧Metro UI版のIE10での閲覧

デスクトップ版のIE10での閲覧

検証環境がこれで困りません。いや本当にありがとうございます。マイクロソフトさん。

参考