アブラムシの天敵テントウムシを利用した殺虫剤 代引き不可 ナミテントウ剤 直送 2~3齢幼虫 テントップ50頭入り 数量限定アウトレット最安価格 4435円 アブラムシの天敵テントウムシを利用した殺虫剤 【代引き不可】ナミテントウ剤 テントップ50頭入り(2~3齢幼虫)(直送) 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 園芸薬剤・植物活性剤 その他 /biz/popgallery/popcatalog/,アブラムシの天敵テントウムシを利用した殺虫剤,blog.e-riverstyle.com,4435円,花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 園芸薬剤・植物活性剤 , その他,【代引き不可】ナミテントウ剤,テントップ50頭入り(2~3齢幼虫)(直送) アブラムシの天敵テントウムシを利用した殺虫剤 代引き不可 ナミテントウ剤 直送 2~3齢幼虫 テントップ50頭入り 数量限定アウトレット最安価格 /biz/popgallery/popcatalog/,アブラムシの天敵テントウムシを利用した殺虫剤,blog.e-riverstyle.com,4435円,花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 園芸薬剤・植物活性剤 , その他,【代引き不可】ナミテントウ剤,テントップ50頭入り(2~3齢幼虫)(直送) 4435円 アブラムシの天敵テントウムシを利用した殺虫剤 【代引き不可】ナミテントウ剤 テントップ50頭入り(2~3齢幼虫)(直送) 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 園芸薬剤・植物活性剤 その他

アブラムシの天敵テントウムシを利用した殺虫剤 高品質 代引き不可 ナミテントウ剤 直送 2~3齢幼虫 テントップ50頭入り 数量限定アウトレット最安価格

アブラムシの天敵テントウムシを利用した殺虫剤 【代引き不可】ナミテントウ剤 テントップ50頭入り(2~3齢幼虫)(直送)

4435円

アブラムシの天敵テントウムシを利用した殺虫剤 【代引き不可】ナミテントウ剤 テントップ50頭入り(2~3齢幼虫)(直送)





※こちらの商品はメーカーから直送いたしますので、代引きでのお支払い、運送会社の指定はできません。
また、直送のため、配達ご希望日にお届けできない場合もございます。
あらかじめご了承ください。



【テントップの特徴】

1 テントップは、アブラムシ類の捕食性天敵であるナミテントウの2齢および3齢幼虫をカップに封入した製剤です。
ナミテントウ虫はテントウムシ類の中では大形で、体色は赤紋(2紋、4紋)、赤地に細かい黒紋、全体が黄褐色など様々あります。
他の天敵よりも大型であるため、効果・活動状況が確認しやすい天敵製剤です。

2 ナミテントウ虫は幼虫期から成虫期まで長期間アブラムシの捕食します。成虫で捕食する期間は季節により異なりますが、3週間(夏)~4ヶ月(冬)です。

3 放飼されたナミテントウは、さまざまな種類のアブラムシを大量に捕食します。
成虫の場合は、1日あたり約100頭のアブラムシを捕食します。


4 本剤のナミテントウは飛翔できないなめ、放飼後の定着が良好です。テントップに封入されているテントウムシは飛べませんし、その子供も飛ぶことが出来ません。

5 高温時に活動が鈍るのでトマトへの利用は向いていません。

【対象作物】

 イチゴ、きゅうり、スイカ、ピーマン、メロン等

歩く虫なので、トマトの栽培には基本的に向きません。
粘液につかまって花まで行けないことがあり、効果が薄れます。
この虫を、アザミウマがいるところに直接乗せていただくことで効果を得ることは可能ですが、
大規模な農場には向きません。

【テントップの導入】

1 必ず施設内で使用すること。屋外への逃亡を防ぐ防虫ネットを必ず使用してください。

2 アブラムシの発生に注意し、発生を確認してから導入する。



3 すでにアブラムシが多発生している場合は、天敵に影響の少ない薬剤を散布してください。



4 10アールあたり4~8ボトル使用し、1週間後にさらに同量を、2週間後にも同量を導入すると効果的です。(2世帯目が途切れることなく、発生します。)
有効成分:ナミテントウ幼虫50頭/1カップ
対象害虫:アブラムシ類
対象作物:施設栽培野菜
使用量:0.5~4頭/株

導入前の準備

1 施設開口部には防虫ネットを張りましょう。
側窓、天窓、出入り口などには害虫侵入防止用ネットを張りましょう。

2 施設内外の除草をしておきましょう。
施設の内外の雑草はダニや害虫の発生源になっています。必ず除草をしておきましょう。

3 ペタットやリボンテープなどの粘着捕虫資材を用いてモニタリングをしておきましょう。
害虫の大量発生を防止するだけでなく、常に監視しておくことが大切です。

4 農薬の残効がないようにしておきましょう。
詳しくは「天敵生物に対する農薬の影響表」がございますので、ご希望の方はお申し出ください。

5 天敵生物が活動しやすい温度環境にしておきましょう。
天敵製剤は導入生物が活発に活動することで効果を発揮します。
ナミテントウの活動最適温度は20~25℃です。


「テントップ」が届いたら

1 輸送箱から取り出し、死滅などの有無をご確認ください。
万が一不都合状態でとどいた場合は至急当店まで連絡をお願いいたします。

2 これまで使用した農薬が天敵生物に影響しないか、「天敵生物に対する農薬の影響表」で再度確認しましょう。

3 到着後は速やかにすべて放虫し、使い切ってください。
万が一放飼が翌日になる場合は、容器を新聞紙に包んで乾燥を防ぎ、冷蔵庫の野菜室で保管してください。冷凍保管は絶対にしてはいけません。

テントップの放飼方法

1 モニタリング結果を参照し、テントップの放飼量や場所を決定します。
アブラムシ類の発生が1匹でも確認された時(アブラムシ発生初期)
アブラムシ発生場所が10aあたり3~4ヶ所程度の時

2.テントップの放飼方法をご確認のうえ、放飼しましょう。
10aあたり1~2カップをアブラムシ発生場所に直接放飼します。
テントップはアブラムシの増加程度によって随時追加導入します。

3 アブラムシの発生が点在している場合には、アブラムシ発生場所付近に放飼しましょう。

4.導入翌日からナミテントウの定着を確認しましょう。
アブラムシの発生場所が増加していないか確認しましょう。
商品名テントップ
種類名ナミテントウ剤
製品規格1カップあたり50頭
学名Harmonia axyridis(Pallas)
農林水産省登録第23698号

これは農水省から農薬として許可されたもので、対象作物以外の使用は認められていません。
また天敵生物の使用には、生態系への配慮から外へ逃がさないことが重要で、逃亡防止施設のない場所での利用はできません。

ご注文の際には必ず使用作物と使用施設の構造を備考欄に必ず記載してください。
備考欄に記載の無い場合は、メーカーが出荷しませんので当方でキャンセルといたします。

アブラムシの天敵テントウムシを利用した殺虫剤 【代引き不可】ナミテントウ剤 テントップ50頭入り(2~3齢幼虫)(直送)

植物を鉢植えで育てる...

観葉植物は、文字通り観賞用なのでインテリアとして役立ちますし...

カモミールの育て方に...

カモミールはハーブの一種です。ハーブというのは、食用や薬用に...

サボテンやアロエなど...

多肉植物は、葉や茎に水分を蓄えることのできる植物です。サボテ...

ユッカという観葉植物...

リビングルームや廊下の片隅に一つ観葉植物を置いておくだけで、...

カンパニュラの育て方...

カンパニュラは、釣り鐘のような形の大ぶりの花をたくさん咲かせ...

緑のカーテンに最適な...

ここ数年毎年猛暑が続き、今や日本は熱帯よりも熱いと言われてい...

初心者でも簡単な観葉...

最近は趣味として、ガーデニングなどを楽しんでいる方がどんどん...

家庭菜園を行う場合の...

自宅で植物を栽培する場合、その育て方にはいくつかのコツがあり...

自宅で植物を育てよう

部屋に植物があると生きたインテリアにもなり、その緑や花の華や...

リパリスの育て方

特徴としては、被子植物になります。ラン目、ラン科、クモキリソ...

リンゴの育て方

リンゴの特徴として、種類はバラ目、バラ科、サクラ亜科になりま...

ナスタチュームの育て...

黄色やオレンジの大きな花をつぎつぎと咲かせるため、ハーブの利...

ウラムラサキの育て方

ウラムラサキの歴史に関しては、ミャンマーやタイが原産地となっ...

スノーフレークの育て...

スノーフレークは、ヨーロッパ中南部が原産です。ハンガリーやオ...

風知草の育て方

風知草はイネ科ウラハグサ属の植物です。別名をウラハグサ、また...

お洒落なハーブの育て...

お洒落なハーブを自分で育てることが素敵だと思いませんか?最近...

パッションフルーツの...

パッションフルーツは和名をクダモノトケイソウという、アメリカ...

コルディリネ(Cor...

屋内で育てる場合には鉢植えになりますが、葉の色彩を落とさない...

アーモンドの育て方

アーモンドの主要である、カリフォルニアでは、どのようにして身...

つるありいんげんの育...

インゲンは17000種に及ぶ植物、多くの渡り鳥の生息地で知ら...

カカオの育て方

そんなカカオの特徴はどのようなものなのでしょうか。前途のよう...

ヘスペランサの育て方

ヘスペランサは白い花を持つ美しい植物でり、日本だけに留まらず多くの愛好家がいます。花の歴史も深く、大航海時代にまで遡る事...

トロリウスの育て方

”トロリウス”とは、ヨーロッパや北アジアを原産とした宿根多年草です。キンポウゲ科、キンバイソウ属になり別名キンバイソウと...

ドイツアザミの育て方

この花はキク科アザミ属に属します。ドイツとありますが日本原産です。生息地も日本となるでしょう。多年草で、耐寒性があり耐暑...

奇想天外(ウェルウィッチア)の育て方

ウェルウィッチアは生息地をアフリカのアンゴラ及びナミビアのナミブ砂漠にしている裸子植物の一つです。日本では2つの和名があ...

ロータスの育て方

「ロータス」は、北半球の温帯、主に地中海付近の島国を原産として約100種類もの品種が存在するマメ科ミヤコグサ科の多年草で...

メカルドニアの育て方

メカルドニアはオオバコ科の植物で原産地は北アメリカや南アメリカですので、比較的暖かいところで栽培されていた植物です。だか...

マリモの育て方

また日本以外はどうかというと、球体のものは、アイスランドのミーヴァトン湖やエストニアのオイツ湖などで確認をされているとい...

ホメリアの育て方

ホメリアは庭植えの場合に関しては、数年植えっぱなしでもそのままの状態で育つことができます。毎年球根を掘り上げるよりも、花...

ヘリオフィラの育て方

ヘリオフィラはアブラナ科の植物で小さな青い花を咲かせてくれます。つぎつぎと花を楽しむことができる植物になっています。南ア...

ブルメリア・クロセア・オーレアの育て方

ユリ科という情報が多いので、ユリ科の同じような植物が近縁種ではないかということもわかります。ネギ科は、もともとユリ科だっ...

ヒマラヤユキノシタの育て方

ヒマラヤユキノシタとは原産がヒマラヤになります。おもにヒマラヤ山脈付近が生息地のため、周辺のパキスタンや中国やチベットな...

ハシカンボクの育て方

ハシカンボクは日本が原産とされる植物です。漢字で書くと波志干木となりますが、その名前の由来はわかっていません。また別名を...

スポンサーリンク

ヘリアンサスの育て方

特徴としてはまずどの種類に属するかがあります。キク科のヘ...

オシロイバナの育て方

日本に入ってきたのは江戸時代に鑑賞用として輸入されたと言...

芝生の育て方

芝生には様々な特徴があります。原産地によって育つ時期や草...

ニゲラの育て方

地中海沿岸から西アジアが原産の一年草の植物です。ニゲラの...